花外楼ホームページ

2020年11月14日土曜日

第56回おたのしみ会クレマチス

 本日第56回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回は、株式会社大阪料理会館事務局長の小西通夫様に「北新地 いま むかし」というテーマで講演をしていただきました。
プロジェクターを使い、天神祭や北新地の芸妓の話など、北新地で生まれ育ち、北新地で小さな小料理屋を営んでいた小西様だからこそのお話をしていただきました。
以外に資料が残っていない北新地の歴史やよもやま話など、生き字引の小西様のお話は楽しいひと時でした。


     
                        

2020年10月17日土曜日

第55回おたのしみ会クレマチス

本日第55回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回は、大阪商業大学准教授の明尾圭造様に「路傍の玉〜古物を愉しむ眼〜」というテーマでお話をしていただきました。
四季が織りなす風情の中で、作り上げられてきた日本の生活文化。日常的に使われてきた日用品の中には、様々な工夫があり、高い技術で作られたものもあります。骨董市はそんな品々が数々溢れる場所であり、自分の眼を信じて生活に取り入れる見立ての美学についてお話しいただきました。
明尾先生にはユニークな骨董の品々をお持ちいただき、展示していただきました。
また、当店が所蔵する、倉庫整理をした際にでてきた品々を、がらくた市として皆様にお楽しみいただきました。




2020年9月19日土曜日

第54回おたのしみ会クレマチス

 本日、第54回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回は、大阪芸術大学客員教授で考古学者・印学家の久米雅雄様に「日本のはんこの歴史と将来―大阪会議・はんこ編―というテーマで講演をしていただきました。
新型コロナウイルスの感染拡大により、書類にはんこを押すためにだけ出社するなど在宅勤務の弊害として取り上げられることが増えました。
しかし、日本におけるはんこの歴史は、西暦57年の「漢委奴国王印」に始まり、飛鳥・奈良時代には「天皇御璽」を頂点とする日本独自の印章が登場、平安時代以降、「花押」に変容しますが、サインでは本人同一性の確証が難しいという理由で「花押の印章化」が進み、これが信長・秀吉などの戦国大名の印章へとつながっていきました。そして、江戸時代以降、武家だけでなく庶民層にも「印判」使用が普及し、明治6年「印鑑登録制度」が布告され今日に至ります。日本人の叡知と努力で根付いたはんこ文化はこれからも継承されていくべきで、デジタル化が進む世の中だからこそ署名と捺印はとても重要であるとおっしゃいました。
印章史という難しいテーマでしたが、印章もいくつかご持参いただき、非常にわかりやすくお話しいただきました。酷暑も一段落し、さわやかな天気のもと多くのお客様にご来店いただきました。




2020年8月8日土曜日

第53回おたのしみ会クレマチス

 本日、第53回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回は、大阪歴史博物館学芸員の中野朋子様を講師に迎え「知られざる近代大阪の名工たち」というテーマで講演をしていただきました。
 大阪は江戸時代にはすでに商都として大いに発展し、鴻池家・住友家・平瀬家などの大きな両替商が展開することで、茶の湯や能楽などが大いに発展していました。さらに明治時代になると、藤田家などの新興の財閥も本拠を構え、商業の都としてさらに発展しました。こうした家々の存在は、美術工芸的な需要を生み、それに応えようとする職人たちが競って制作活動をおこなうことで、名工と呼ぶにふさわしい優れた工芸家が育ち、ついには国内外の万国博覧会で日の目を見ることになりました。
 とても、興味深く面白い内容で、お客様からはもっとお話を聞きたかったとのお声を頂戴いたしました。
 また、当店所蔵の櫛や笄、かんざし等を展示させていただきました。