花外楼ホームページ

2021年2月10日水曜日

司馬遼太郎 没後25年

 作家、司馬遼太郎の没後から12日で25年となります。
それにちなみ、産経新聞に「司馬作品を歩く」というコラムが9日より始まりました。
司馬作品に大阪会議の場面が出てくることから、先日女将が取材を受け、その内容が掲載されました。



2021年2月3日水曜日

節分 恵方巻

 今年は、暦の関係で124年ぶりに2日が節分でした。
新型コロナの1日も早い終息を願って恵方巻を食べたり、豆まきをされた方も多かったのではないでしょうか。
北浜本店では、お客様からご依頼があり、特別に『花外楼特製「料亭の恵方巻」』をお作りさせていただきました。





2020年11月14日土曜日

第56回おたのしみ会クレマチス

 本日第56回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回は、株式会社大阪料理会館事務局長の小西通夫様に「北新地 いま むかし」というテーマで講演をしていただきました。
プロジェクターを使い、天神祭や北新地の芸妓の話など、北新地で生まれ育ち、北新地で小さな小料理屋を営んでいた小西様だからこそのお話をしていただきました。
以外に資料が残っていない北新地の歴史やよもやま話など、生き字引の小西様のお話は楽しいひと時でした。


     
                        

2020年10月17日土曜日

第55回おたのしみ会クレマチス

本日第55回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回は、大阪商業大学准教授の明尾圭造様に「路傍の玉〜古物を愉しむ眼〜」というテーマでお話をしていただきました。
四季が織りなす風情の中で、作り上げられてきた日本の生活文化。日常的に使われてきた日用品の中には、様々な工夫があり、高い技術で作られたものもあります。骨董市はそんな品々が数々溢れる場所であり、自分の眼を信じて生活に取り入れる見立ての美学についてお話しいただきました。
明尾先生にはユニークな骨董の品々をお持ちいただき、展示していただきました。
また、当店が所蔵する、倉庫整理をした際にでてきた品々を、がらくた市として皆様にお楽しみいただきました。